電解水生成装置

    酸性電解水(次亜塩素酸水)
    生成装置を導入しました

    当社では、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するための対策として、酸性電解水(次亜塩素酸水)を用いて車内を除菌清掃しています。

    新型コロナウィルスに対し予防対策として有効的!食品添加物なので安心です。

酸性電解水(次亜塩素酸水)による新型コロナウィルスの抑制効果について

  • 酸性電解水(次亜塩素酸水) とは

    水に食塩を溶解するかあるいは塩酸を添加して電気分解し生成された pH が酸性に傾いている水溶液で、優れた殺菌力を有しており、その主成分は次亜塩素酸 (HClO) です。次亜塩素酸 (HClO) は次亜塩素酸ナトリウム消毒薬の主な活性分子である次亜塩素酸イオン (OCl-) と比較して、低濃度でも優れた殺菌作用を発揮します。 また、消毒用アルコールと比較しても同等以上の殺菌力が報告されています。

  • 酸性電解水(次亜塩素酸水)の新型コロナウイルスに対する有効性

    酸性電解水は、ヒトや動物に感染する様々なウイルスに殺ウイルス効果を発揮します。特に、ウイルス粒子にエンベロープを有しているインフルエンザウイルスには効果が優れているので、同じようなエンベローフを有しているコロナウイルスにも効果があることが考えられます。
    実際に次亜塩素酸ナトリウム消毒液は SARS-コロナウイルスを完全に不活化することが認められているので、この消毒液と同じ塩素系に属する酸性電解水も殺コロナウイルス作用を示すと推察されます。

一般社団法人 日本電解水協会 HP 小宮山 寛機 博士(医学) (一財) 北里環境科学センター顧問 元 北里研究所 基礎研究所 所長 より抜粋

全国タクシー